それではどういう手段

現実ではこの上なくたまにある事例を抜かして切符のお店でクレジットを活用する事が出来るところは100%に近い確率でないです。

そういうため、Diners clubなどの券を運用した間接的クレジットカード使用のケースはろくには実際に役立てるということができないでしょう。

それではどういう手段を用いれば間接クレジットカード使用が可能なのでしょう?と聞かれるとその手段とは近頃皆知っている電子マネーというEdy(エディ)、Smart Plus、とかSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。

実は、それらを使用して間接カードを始めることが出来るのです。

PASMO、iD、Smart Plus、だったりICOCA、nanacoなどはクレジットで取引する事が可能なギフト券>PASMO、Webmoney、またVISA Touch、nanacoなどに慣れていない人にとっては、自然とハードな感じを類推する可能性があるかもしれないですが、このような電子マネーという物はいうなればいつも使っているのと同じ券になります。

VISA、MasterCard、NICOSなどの券とまるっきり差はないのです。

これらの電子マネーという物はクレジットカードを駆使して簡素に購入する事ができるという点が特徴であるのです。

さらにこういった電子マネーというものはこのところカラオケを初め街ナカや多種多様なお店といった所でも利用可能なようになっているようだ。

「当ショップの物品を買うにはカードはご実用にはなれません」というように書かれていたような売店での支払いでもEdy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、であったりSuica(スイカ)、WAON、nanacoなどを使用するなら使えるケースがいっぱいあるのです(カードローンポイントがきっちり貯められる)。

要約するとクレジットが使えない販売店でも段階を踏んでカードを使用する手法でクレジットポイントをもらえる分だけ得してもらおうという方法です。

いつも通りショッピングを満喫するのみでは得られないクレジットポイントなので、是が非でも、活用してみてほしいのです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.rwspodcast.com All Rights Reserved.