医療現場と保険

医療現場とそれを取り巻く環境の変化は目まぐるしいものがあります。

生命保険と関わってくるのが、例えば入院のお話。

よく聞くお話が、長い入院ができにくくなったということ。

それは先程の医療技術の進歩とともにあります。

昔はお腹を切って手術したことが現在では内視鏡の手術ですむことによって 患者さんの体力的な負担も軽くなり、入院日数も減少しています。

また病院側の事情としては、入院日数を増やしても 診療報酬点数が増えるわけではないので、 早くベッドをあけて新しい患者さんを迎え入れたいというのもあります。

入院したら例えば1日5,000円もらえるというのが主流でしたが、 それは長期の入院に対応するためのものでした。

医療現場や国の事情によって、私たち個人がカバーしないといけないことも 変わってきます。

それに合わせて医療保険も見直しや確認するのが良いのでしょうが、 年齢や健康状態、支払う合計の掛け金を考えると、 その分岐点が難しいものとなりそうです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.rwspodcast.com All Rights Reserved.